2008年01月30日

知事。

ottn07-3293_pho01-small.jpg


大阪府知事に弁護士でタレントの橋本さん選ばれましたな。
なにやら大阪府知事至上最年少らしいすね。

横山ノックあたりからタレントの立候補が
結構増えて、しかも当選してきてますがこれてどうなんすかね?
やっぱりてっぺんに立って国や地域を動かす人にとって
一番必要なものって「信頼」やと思うんすよね。

「こいつに任せたらいける!」ってもんがなければ
国の事はまかせられませんよね?

で、その点で言うたらタレントってのは
テレビにも出てるしそれなりの知名度もあるし
よー知ってる奴だけに投票しやすい親近感的なものがあるかもしれない。
(しかもブラウン管を通じてできた二次元のやっすい親近感)


でもよー考えて。
それは信頼とは全く関係ない。
一番怖いのはタレントの持つ知名度だけに惑わされて
肝心の政治の事を考えた上での投票ができてない場合や。


極端な話、政治の事知らん奴が投票に行って
立候補者の中に横山ノックいたら絶対ノックに一票やろ!
おもろいからいれとこみたいな。

それでエエんかな?と思う。
それって何の決め手でも無いと思う。
投票する側もしっかりせんとな。


そしてタレントである事をウリにして立候補して当選した奴は
あとでのツケがハンパないはず。
当選するのが大事なのではなく当選してからがホンマに大事やからね。
そのタレント性だけをウリにして選挙活動をしていたんなら
後々自分の首を締める事になるやろ。

いろんなメディアでタレントが知事になることで
政治に関心を持つ人が増えるとか言うてるけど
それもほんまにリアルな関心か?
タレントの動きに関心は集まるやろけど
正直言うて政治に関心が向くとは到底思えない。
それどころか民主主義である国でそのみんなの関心を
タレント性やキャラだけで集めるほどおそろしく
そして幼稚な政治は無いと思う。
今回の選挙にしても橋本さんの意思や政治力や将来性を
理解した上で投票した有権者がどれだけおるんやろう。
要するに1票1票が非常に薄っぺらくなってるような気になるねんな。

別に橋本さんをDISるつもりもないし
むしろタレントで弁護士でもこんだけできんねんってとこ
見せてほしいす。

そして有権者もしっかり政治を理解し
今の世の中で誰が一番知事に的しているかを考えて
選挙に望むべきちゃうかな?



posted by besha at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。