2008年05月22日

冨嶽三十六景

n1667820163_196830_2039.jpg

コレ、誰でも知ってますよね?
葛飾北斎の代表作「冨嶽三十六景」の内の一つ。

では何でこの作品がここまで評価されてるか知ってますか?

それは
“動きのある自然現象を描写した世界初の絵”だからなんですね〜。
動いてる人や動物の絵は世界中に存在していたけど
この当時、動いている自然の風景の絵はなかったらしい。

しかも日本人初の遠近法採用者でもあるとのこと。
ちょっと角度を変えたこれも“発想”ですな〜。
posted by besha at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。